キンスレの決闘場オナーリーグ

 

どうも!しめじです。

いよいよキンスレ日本鯖でもオナーリーグ始まりましたねー。

 

育成の具合から考えると少し早すぎる感はありますが、決闘場が好きな人の中には心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか。

一方、対人はあまり好きじゃないという人も、やはり報酬は気になるところですよね。

 

今回は早速オナーリーグに潜り込んできたので、気になる仕様や勝ち方のコツなんかのお話をしていきたいと思います。


Sponsored Link

オナーリーグの基本的な仕様について

オナーリーグは好きなキャラを4キャラ使えるビクトリーリーグとは違って、以下のような特徴があります。

 

  • 相手の手持ちキャラが全て見れる
  • お互いにキャラクターを2キャラBANできる
  • その上で交互にキャラを選んでいく(ピック)
  • 選んだ4キャラで戦闘開始

 

戦闘が始まってしまえば通常のリーグと同じです。

ただ、BANやピックの段階で勝負が決まることもあるため、通常のリーグよりもかなり戦略的な対人といった印象ですね。

 

少し細かい仕様について説明しておくと、以下の通り。

 

参加に条件がある

オナーリーグに参加するには、星5以上かつ60レベル以上の英雄が最低で12人必要になります。(フリーシーズン中は12キャラ持っているだけでOK)

初心者には少しキツめの条件ですが、対人とはいえエンドコンテンツなのでそんなもんでしょう。

 

自分がBANしたキャラも使えなくなる

相手がBANしたキャラだけでなく、自分がBANしたキャラも使えなくなります。

自分が使いたいキャラをBANすると後悔することがあるので、注意しておきましょう。

 

ピックには先攻と後攻がある

BANは同時に公開されますが、ピックには先攻後攻が存在します。

  1. 先攻が1キャラ選択
  2. 後攻が2キャラ選択
  3. 先攻が2キャラ選択
  4. 後攻が1キャラ選択
  5. 先攻が1キャラ選択
  6. 後攻が1キャラ選択

といった流れでピックが進んでいきます。

 

オナーリーグは1日30回まで

オナーリーグは18時から0時の間で、1日30回までとなっています。

ぶっちゃけ、ちょっと回数多すぎる感が半端ない。

ただ、この後説明しますが、毎日必ず30回こなす必要は特にありません。

 

オナーリーグでもらえるメダルはアイテムと交換できる

キンスレのオナーショップの商品

 

オナーリーグでは、毎試合ごとにオナーショップで使えるメダルをもらえます。

ゲーム内で使える色々な商品と交換できますが、今のところ確実に交換しておきたいのは宝物欠片くらいですね。メダル200枚で宝物破片が40個、週に5回まで交換することができます。

 

メダルは1戦で最低でも20枚もらえる

オナーリーグのメダルは、負けても1戦で最低20枚もらえます。

とりあえず週に50戦しておけば確実に宝物破片分のメダルは手に入るので、1日平均8戦くらいはオートでも何でもやっておきましょう。


Sponsored Link


オナーリーグで勝つためのコツ

パーティ構成やキャラ性能に大きく左右される通常のリーグと違って、オナーリーグではいくつかのコツやポイントを押さえておけば勝ちやすさが格段に上がります。

実際にやってみて気付いたコツやポイントをまとめておきますので、参考にしてみてください。

 

出てきてほしくないキャラをBANする

当然と言えば当然ですが、使われて嫌なキャラをBANしましょう。

対人に強いメインディーラー、CCが厄介なキャラ、沈黙やデバフが強力なキャラなどなど。

 

自分が使いたい構成に対して強いキャラクターをBANするのがセオリーです。

簡単な例で言えば、魔法ディーラーを使いたいから魔法に強いリカルドやアークをBANするといった具合ですね。

 

ただ、かなりケースバイケースなので、こういった相性については決闘場をやりながら覚えていくと良いでしょう。

 

相手の育てているキャラを想像しながらBANする

相手のキャラクター数がそもそも少ない場合は、相手の育てているであろうキャラを予想してBANするのが強力です。

取っているキャラを見れば物理パーティか魔法パーティかある程度判断できますし、そこから育っているディーラーの予想も出来ます。

 

例えば、物理パーティの雰囲気で物理ディーラーが2人しかいないのであれば、その2人をBANすることで相手のディーラーはほぼ全滅です。

勝ちやすさがグッと上がるので、相手のキャラ数が少ない場合は積極的に狙っていきましょう。

 

タンク、CCキャラを集中してBANする

ディーラーと違って、タンクやCCキャラを大量に育てている人はそれほど多くありません。

つまり、育っているタンクやCCキャラをBANしてパーティ構成を崩すことで、勝ちやすくなる可能性が格段に上がります。

 

例えば、育っていそうなタンク2体をBANするだけで、相手の前線は崩壊しやすくなります。

CCの強いキャラをBANしておけば、やりたいことを妨害されずに押し付けることが可能です。

もちろん、ディーラーが少なければディーラーを2体BANして、一方的に攻めるのも良いでしょう。

 

ケースバイケースですが、相手の持っているキャラ次第では有効な戦略と言えるでしょう。

 

相手が持っているキャラを優先的にピックする

自分が使いたいキャラを相手も持っている場合は、必ず優先的にピックするようにしましょう。特に自分が先攻の場合は効果的です。

オナーリーグでは相手がピックしたキャラは使えなくなるため、実質BANのような使い方ができます。

 

相手より先にピックすることで、BANで消しきれなかった相手のメインディーラーを消したり、決闘場で強力なキャラを使わせないといったことが可能です。

特に手持ちキャラクターの少ない相手には強力なので、意識的に狙っていきましょう。

 

対策キャラは基本的に後出し

特定のキャラクターや攻撃属性に強いキャラクターは、できるだけ後出しで出すようにしましょう。

これは先に出してしまうと、相手に対策されやすくなってしまうためです。

 

例えば、クラウスやデミアは物理ディーラーに強いキャラですが、魔法ディーラー相手には大した防御性能がありません。

フルスは魔法ディーラーにめっぽう強いキャラですが、物理ディーラーが2人以上いるような状況だと価値が半減してしまいます。

 

特定の相手や状況に強いキャラクターは、相手の出方を見ながら選ぶことで真価を発揮させてあげましょう。

 

まとめ

オナーリーグは、ビクトリーリーグと比べて少し育成難易度の高いコンテンツにはなりますが、BANやピック次第で勝ちやすさが大きく変わってくる面白いリーグになっています。

既にキャラクターが育っている人は参加しやすいので、ぜひ気軽に参加してみてください。

 

まだキャラクターが育っていない初心者の方は、オナーリーグに参加できるようになったら、とりあえず週に50戦して宝物破片200個をもらっておきましょう。

ビクトリーリーグで対人に慣れてきたら、本格的にオナーリーグに手を出してみると面白いと思いますよ。