子育てするパパとママ

 

どうも!このブログ書くの久しぶりすぎて、どんなテンションで書けばいいのか分からなくなったしめじです。

かなりご無沙汰だったわけですが、実はここ数か月…いわゆる出産と育児でバタバタしててブログ書く暇がなかったんですよね…。

7月末に嫁が緊急帝王切開からの出産、そしてここ2ヶ月ほど子育てに追われていたという流れです。(ちなみに女の子でした)

 

当然と言えば当然ですが、ここ2~3か月ほどで、生活はかなり変化しました。

色々な人から話だけは聞いていましたが、やはり赤ちゃんが生まれるとライフスタイルが一変します。

 

今回は、そんなパパになってからの生活や自分自身の変化についてまとめてみました。

ぶっちゃけ誰が得する記事なんだって感じですが、パパになる予定の人なんかは「へー」って感じで読んでみてもらえたらと思います。


Sponsored Link

親としての自覚が芽生えてきた

赤ちゃんの寝顔

 

何言ってんだ?って感じる人もいるとは思うのですが、子供が生まれた当初、僕にはまだパパになったという実感はありませんでした。

妊娠から出産までの色々なイベントを直に経験してきた嫁と違って、自分はその様子を見ていただけ…。

生まれた時の感動はあっても、パパになったという自覚は今一つでした。

 

それがここ2ヶ月の子育てを通して、今ではすっかりパパやってます。やっぱり、お世話してるとだんだんと自覚が出てくるものなんですね。

今ではミルクをあげたり寝かしつけたりは当たり前、それどころか教育方針や将来のことについてまで嫁と話し合う始末です(気が早い)

 

生活のペースが赤ちゃん中心になった

ミルクを飲む赤ちゃん

 

子供が生まれると、日々の生活が180°変わります。

ミルクは3時間ごとにあげないといけないし、泣き始めたらオムツ交換や抱っこをしないといけません。

 

僕は基本自宅での仕事が主なので、それまでは仕事の時間と遊ぶ時間を分けて自分なりにメリハリを持ってやっていました。

ですが、赤ちゃんがいるとそうはいきません。仕事中でも赤ちゃんが泣けば、落ち着くまで仕事を中断するなんてことはザラにあります。

 

結果として、遊ぶ時間や趣味に当てる時間はかなり減りましたね。子供が小さいうちは仕方のないことです。

育児は嫁と分担してやっているのですが、やっぱりそれでも大変なものは大変ですね。


Sponsored Link


出費が予想以上に増えた

突然の出費

 

赤ちゃんが生まれると、想像以上に出費がかさみます。

住んでいる地域や季節、母乳育児かどうかによっても変わってきますが、しめじ家では以下のような出費がありました。

 

  • 粉ミルクやオムツ、おしり拭きといった生活費(月2~3万円)
  • 電気、ガス、水道料金(今までの2倍に)
  • 赤ちゃん用の布団やマットレスといった生活用品(数万円)
  • 赤ちゃん用の衣類セット一式(数万円)
  • 赤ちゃん用のグッズ類(数万円)

 

粉ミルクやオムツ、おしり拭きで月数万円かかるのはもちろんのこと、足りないものを買いに行くたびに数万円が飛んでいきます。

あと意外だったのは、電気ガス水道料金の増え方ですね。子供が生まれる前と比べて2倍近く増えてて目玉が飛び出ました。

もしこれから子供が生まれる、子供を作る予定があるという人は、この辺の出費を考えて準備しておくと良いでしょう。

 

夜泣きで睡眠不足になることが増えた

赤ちゃんの夜泣き

 

話には聞いていましたが、赤ちゃんの夜泣きはガチできついです。

不思議なことに、昼間はミルクオムツ以外では大体おとなしいのに、夜になると原因不明のギャン泣きをするんですよね。

 

原因が分からないので対処のしようもなく、ひたすら抱っこして泣き止むのを待つという苦しい戦いを強いられます。

ようやく寝たかと思ったら、咳やくしゃみの音で目が覚めてギャン泣き、布団に降ろそうとしてギャン泣き、夢の中で何かに驚いて目覚めてギャン泣きなど、一切の油断を許しません。

 

うちは2人で子育てしているのでまだマシですが、ほとんど1人で育児をしている人は本当に大変だと思います。


Sponsored Link


お出かけの難易度が跳ね上がった

赤ちゃんとお出かけ

 

夫婦2人だけだった時と比べて、赤ちゃんが生まれると外出の難易度は跳ね上がります。

今まではサッと準備してお出かけするだけだったのに、赤ちゃんがいるとそうはいきません。

ミルクやオムツ交換を済ませて、ミルクの予備とオムツなんかを準備した上でお出かけする必要がありますからね。

 

出かける場所にも配慮が必要です。子供がギャン泣きするリスクは常に考えておく必要がありますから、映画館やカフェといった落ち着いた場所には行けません。

人込みの多いところは感染症のリスクが上がりますから、人の多い場所も極力避ける必要があります。

 

そして何より、長時間の外出はかなり大変です。合間合間にミルクとオムツ交換の時間がやって来ますし、泣き出すことも少なくありませんからね。

正直、子供が生まれる前にもう少し色々出かけておけば良かったと後悔しています。

 

嫁と話をする時間が増えた

妻と話をする夫

 

子供が生まれてからというもの、嫁と話をすることが増えました。

出かけていた時の子供の様子、子供の成長の話、育児の悩みや気になることの話など、子供を中心に話が広がるんですよね。

 

あとは、お互いの身体を気遣ったりすることも増えました。「お疲れ様」とか「ありがとう」とか言うことも増えましたし、出かけている時にラインや電話をすることも多くなりましたね。

子供が生まれて夫婦仲が悪くなる人もいるそうですが、うちはむしろ仲が良くなった印象ですね。

 

既に親バカを発症した

親バカ

 

正直、自分はならないと思っていたのですが、見事に親バカを発症しました。もはや何をしていても娘が可愛く見えて仕方ないです。

おならをしているのを見て可愛いと思うし、泣いている時も泣き声が可愛いと感じてしまうレベル。

時間さえあれば娘の布団のそばに寄っていって構っている自分がいて、もはや自分自身が怖いw

 

生まれて2か月も経つと、だんだんと周りのことを認識できるようになってきて声を出して笑ったりするようになるのですが、その時の様子とか可愛すぎて疲れが吹き飛びます。

自分でも「親バカなんだろうなー」とは思いますが、ぶっちゃけ娘は天使です。

 

まとめ

なんか色々と生活や自分自身が変わったことについて書いてみましたが、要するに

初めての子育ては色々大変だけど、なんだかんだ楽しいよ!

ってことです。

 

金銭的にも、肉体的にも、精神的にも辛いことはもちろんあります。自分の時間をあまり持てなくなる寂しさもあります。

ただ、それ以上に子供の成長は喜びをくれるし、何より自分の子供は可愛いものです。

 

今後も子育てや子供に関する話はブログに書いていこうと考えているので、「こんなこと知りたい!」ということがあれば気軽に聞いてくださいね。